北朝鮮 金正恩委員長 韓国建設のホテル 撤去指示(19/10/23)

北朝鮮の金正恩委員長は南東部の金剛山(クムガンサン)観光地区を視察し、韓国が建設したホテルなどを撤去して独自に開発をやり直すよう指示しました。

 23日付の労働新聞は、金委員長が金剛山を訪れて厳しい表情で指示する様子を伝えました。金委員長は、金剛山の観光開発を韓国と共同で進めたことについて「間違っていた」と批判し、「みすぼらしい施設を残さず撤収し、現代的な施設を新しく建設すべきだ」と述べたということです。視察には、金委員長の妹の与正(ヨジョン)氏や崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官が同行しました。北朝鮮はアメリカとの非核化交渉が難航して経済制裁が長引くなか、韓国に対するいら立ちを強めていて、独自に経済発展を目指す姿勢を強調する狙いがあるとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事