肘内障 子供の肘が抜けた時の対処法 大阪市城東区 鶴見区 東成区 鴫野

城東整骨院のLINEから、症状についてのお問い合わせやご予約ができます。「こんな動画も撮ってほしい」というリクエストもお送りください。
登録はこちら
↓  ↓
https://line.me/R/ti/p/%40iwt5628v

子供の肘の脱臼(肘内障)の対処法を動画にまとめました。

2歳〜6歳位の子供で、
・大人が腕を引っ張ったら急に泣いて腕をだらんとした
・子供同士で遊んでいたら泣いて手を動かさなくなった
と言う時は、肘の関節が抜けてしまっているかもしれません。

子供の肘の脱臼を、肘内障(ちゅうないしょう)と言います。

大人に比べて、子供の肘の骨や靭帯はゆるい構造になっています。
そのため、少し引っ張っただけでも角度によっては外れてしまう場合があります。
急に、子供が泣き出して腕を使わなくなったらびっくりしますよね。

高いところから落ちた時などは、脱臼よりも鎖骨の骨折などの可能性がありますので、無理に自分だけで対処しようとせずに、きちんと医療機関に見てもらいましょう。

こちらの動画の方法で「コリっ」とハマる音が鳴り、そのあと問題なく腕をあげれていれば、きちんと整復されています。
翌日以降も、痛みや制限がなければ、そのままで大丈夫でしょう。

ご参考になれば嬉しいです。
よかったら、「グッド」を押してチャンネル登録してくださいね。

大阪市城東区の城東整骨院
http://joto-seikotsuin.com

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事