台風10号“非常に強い”勢力で北上 最大級の警戒を(2020年9月6日)

台風10号は鹿児島県奄美大島の南の海上を北上しています。

 非常に強い勢力の台風10号は、鹿児島県奄美大島の南の海上を北寄りに進んでいます。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルです。台風はこの後も非常に強い勢力を保ったまま奄美近海を北寄りに進むでしょう。6日夜には九州地方にかなり近付く見込みで、そのまま九州の西の海上を勢力をほぼ維持しながら7日朝にかけて北上を続けるでしょう。その後、7日の日中には朝鮮半島に接近・上陸して日本海を通過した後、8日には中国の東北区に達する見込みです。鹿児島県奄美地方では6日夜遅くにかけて、九州南部では6日昼すぎから7日明け方にかけて、九州北部地方では6日夜遅くから7日昼前にかけて、猛烈な風の吹く所がありそうです。風が強まる前に頑丈な建物に移動しましょう。屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒して下さい。また、7日朝までの24時間に予想される雨量は多い所で九州南部は600ミリ、奄美地方、九州北部地方、東海地方で400ミリなどと大雨が予想されます。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に最大級の警戒をして下さい。海上も沖縄から九州地方、四国地方でうねりを伴った猛烈なしけとなりそうです。高潮が発生して海岸や河口付近では浸水や冠水の恐れがあります。最新の台風情報をこまめに確認し、特に九州地方では命を守る対策と行動をお願いします。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事