双葉町の避難指示一部解除 福島原発事故で全町避難(20/03/04)

福島第一原発の事故で唯一、全町避難が続いていた福島県双葉町で避難指示の一部が4日に解除されました。帰還困難区域の避難指示が解除されるのは初めてです。

 (佐藤世奈記者報告)
 双葉町の帰還困難区域は14日のJR常磐線の全線開通に向けて、双葉駅とその周辺に限って避難指示が解除されました。4日は町全体の4%にあたる避難指示解除準備区域とこの地域を結ぶ町道も解除されました。これまでの避難指示解除とは違い、住宅地のほとんどは今も避難指示が続いています。しかし、宿泊はできないものの、許可がなくても自由に立ち入りができるエリアが新たに設けられ、交通の便が良くなりました。人の行き来がしやすくなったほか、町内に町の連絡所が開所されたことで復興の加速化が期待されます。
 双葉町民:「9年経つから(避難指示解除は)少しでも早い方が良い。戻る気持ちだったら、戻れる環境だったら(町に戻りたい)。今の環境ではちょっと戻れない」
 4日に避難指示が解除された場所は、生活環境はまだ整っていません。町が本格的な住民の帰還を目指す2022年春までにどのくらい整備が進むかが今後の課題になります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事