日本航空に業務改善命令へ

乗務前のパイロットからアルコール検出が相次いでいる日本航空に対して国土交通省はきょう、業務改善命令を出す方針を固めました。日本航空では、イギリスで副操縦士から多量のアルコールが検出されたとして逮捕されるなど、不祥事が続き、去年12月にも業務改善命令が出されています。しかし、今年に入っても国際線の機長からアルコールが検出されていて、国交省は再発防止の徹底を求めています。
#JAL#日本航空#業務改善命令#アルコール#不祥事

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事