2019年7月の参院選をめぐる買収容疑で、前法相の河井克行容疑者と、妻で参議院議員の案里容疑者を逮捕。

現職の国会議員夫婦による巨額買収容疑に、衝撃が広がっている。

国会議員の夫婦。
疑惑に対し、これまで何度も否定し続けていた。

案里容疑者「(買収行為はあったのでしょうか?)まったくありません」

克行容疑者「法にもとるような政治活動は行ってきたことはありません」

しかし、18日、夫婦ともに逮捕された。

夫は、法をつかさどるトップ、前法相・河井克行容疑者。

妻は、現職の参議院議員・河井案里容疑者。

容疑は、公職選挙法違反の買収。

案里容疑者が初当選した、2019年7月の参議院選挙のことだった。

克行容疑者は、案里容疑者を当選させるため、91人に対し、票の取りまとめなどを依頼。

その報酬として、116回にわたり、あわせておよそ2,400万円を供与した疑いが持たれている。

さらに、案里容疑者も克行容疑者と共謀のうえ、5人に票の取りまとめなどを依頼。

報酬として、5回にわたり、あわせて170万円を供与した疑いが持たれている。

前法相の夫と妻による、前例のない買収事件。

夫婦は、容疑を否認している。

しかし、夫婦の地元・広島での取材で浮かび上がってきたのは、克行容疑者が買収に関与したことをうかがわせるような複数の証言だった。

現金提供された地元関係者「(克行容疑者が)なんか知らんけど、封筒みたいなものを出してきた。選挙するから、いろいろガソリンいるじゃない。(費用の)足しにしてくれと言って」

18日、公職選挙法違反の買収の疑いで逮捕された、前法相・河井克行容疑者と妻の案里容疑者。

広島・安芸太田町の当時の町長や、複数の県議らは、「河井夫妻から現金を受け取った」と証言している。

安芸太田町・小坂真治町長(当時)「河井克行さんご本人が、わが家をおたずねになられて、票の数、それを上手に2つに割ることができれば、今回の選挙、保守系、自民党議員が2人通る、という話をされたことを印象に覚えています。帰り際に、これをということで、先ほどの白い封筒を出されて、(後日開けると)20万円という現金が入っていた」

ある選挙関係者は、克行容疑者が差し出した封筒の受け取りを拒否すると、「けんかになった」と証言する。

選挙関係者「(克行氏1人で来られた?)そうそうそう。そう言わず(断らず)取っとけと。かなりしつこく5分くらいは大げんかして。こんなもん持ってくるようじゃ、先生の応援はできんと」

疑惑の舞台となった2019年7月の参議院選挙。

河井夫妻に何があったのか。

この選挙で、案里容疑者は初当選を果たした。

このときの出馬について、ある政府関係者は、「案里氏が選挙に出馬したいと言ってきかず、夫がそれを止められなかった責任も大きい」と振り返った。

(2020/06/18)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

#公職選挙法違反

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事