YAH MAN! MontaukBoy YOUTUBE Channel.
【Subscribe チャンネル登録】 → https://www.youtube.com/channel/UCXTyVWqKjQEik5K50XIpHpw?sub_confirmation=1

【 ルワンダ虐殺 ・ コンゴ侵攻 】 ジェノサイドの裏側で 国連 はどのように動いたのか?

コンゴ動乱(コンゴどうらん、フランス語: Crise congolaise、1960年 - 1965年)は、1960年6月30日にベルギー領コンゴがコンゴ共和国(コンゴ・レオポルドヴィル、現在のコンゴ民主共和国)として独立した直後に勃発した反乱から始まる混乱である。

ルワンダ虐殺とは、1994年にルワンダで発生したジェノサイド(虐殺)である。1994年4月6日に発生した、ルワンダのジュベナール・ハビャリマナ大統領と隣国ブルンジのシプリアン・ンタリャミラ大統領の暗殺から、ルワンダ愛国戦線 (RPF) が同国を制圧するまでの約100日間に、フツ系の政府とそれに同調するフツ過激派によって、多数のツチとフツ穏健派が殺害された。正確な犠牲者数は明らかとなっていないが、およそ50万人から100万人の間、すなわちルワンダ全国民の10%から20%の間と推測されている。

1996年初頭。アフリカのコンゴ地方に開け放たれた闇のワームホールから、
統率者であるアルコンと、手下であるレプタリアン/ドラコニアンの集団が侵入しました。
これによって地球解放の一歩手前だった状態から一気に押し戻され、
主戦場となったアフリカ大陸では内戦やジェノサイドが引き起こされました。

#MontaukBoy #モントークボーイ #コンゴ

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事