日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は15日、日本記者クラブで会見し、戦争による北方領土返還を元島民に質問し、維新から除名された丸山穂高衆院議員について「ことの重大さに早く気付いて、潔く身を処すべきだ」と述べ、重ねて議員辞職を促した。維新によると、松井氏は近日中に直接、北海道などを訪れ、元島民らに謝罪する。

 維新は同日の役員会で、立憲民主党などの主要野党から丸山氏に対する辞職勧告決議案が提出されれば、賛成する方針を確認した。松井氏は「今回の丸山氏の振るまいは、党派を問うことなく全ての人が一線を越えたという判断をなされると思う」と述べ、全会一致で可決されるとの見通しを示した。

 また、松井氏は会見で、安倍晋三首相が衆参同日選に踏み切るとの観測が出ていることに関し「いつ衆院選が行われてもおかしくない。参院選と一緒にやることで投票率も上がるだろうから歓迎する」と語った。

 憲法改正の議論については、立憲民主党など他の野党を念頭に「国会の憲法審査会の開催自体を妨害している国会議員は国民を愚弄している。民主主義の否定だ」と批判した。

※タイトルの政党名を間違えて表記していました。大変に申し訳ありません。訂正いたしました。(写真報道局動画推進室)

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事